Author: fukush

逮捕の手続きはいくつも存在すると浅野氏はいう

1.浅野総一郎さんに聞く!逮捕の手続きは数多く存在する

逮捕とは、罪を犯したと考えられている人の身柄を拘束する強制的な処置のことを意味します。

基本的にこれを行う時には裁判官が提供する令状で行われなくてはいけません。

これ以外に関しては、現場で何らかの犯罪行為を行っている現行犯などの条件が整っている必要があります。

犯罪を行う人がいる場合には、その人が本当に犯罪行為を行っているかどうかを確認しなくてはいけません。

そのためには必ずある程度の時間が必要になります。

なぜこのような時間が必要になるのかと言うと、いわゆる冤罪の可能性があるからです。浅野総一郎逮捕より

逮捕状があるとその人を捕まえても良いという法律的な許可を得たことになります。

この場合には客観的な捕まえる根拠がありますので冤罪になる可能性は低くなるわけです。

一般的にこうした手続きは通常逮捕と呼ばれていますが、こうした手続きの場合には法律で規定されている通りの罰則が科せられることになります。

一方で犯罪行為を犯した人の中にも自ら名乗りを上げて出頭する人もいます。

これはいわゆる自首と呼ばれる行為です。

これを行った人は通常の罰則と比較して量刑が軽くなる可能性があります。

自ら名乗りを上げることによって、反省の態度を示していることを証明しますので量刑が軽くなるわけです。

2.手続きは警察官と検察官が行う場合があり、迅速に行う必要がある

また手続きに関しては通常は警察官が行う場合と検察官が行う場合の二つが考えられます。

警察官が捕まえた場合には48時間以内に被疑者を釈放するか、その被疑者を事件の当事者として検察官に送る処置を取らなくてはいけません。

送検された場合には警察官は身柄を起きとって24時間以内または捕まえてから72時間以内に勾留請求を行わない限りは、被疑者を釈放をしなくてはいけない義務が生まれます。

通常はあくまでも裁判官の提供した逮捕状に基づいて相手を拘束する手続きのことを意味しますので、捜査機関が独断で手続きをするわけではありません。

司法機関である裁判官が許可した時にだけ手続きができることになります。

そのため警察官も迅速なお手続きを行って原則的な処置を行う必要があるわけです。

3.現行犯は一般人でも拘束できるがすぐに引き渡さなければならない

一方で、これ以外にも現行犯というものがあります。

こちらの場合に関しては、警察官や検察官だけではなく一般人も現行犯で手続きを行うことができるということに大きな特徴があるのです。

実際に現行犯を行う時には令状が不要となる場合がありますので、一般人でも拘束することができるようになります。

ただ現行犯に関しては間違った拘束をしないようにするためにある一定の制限が存在することも事実です。

例えば、全く怪しくない人を捕まえてしまったような場合には捕まえられた相手から何らかの法律的な請求権を行使される可能性もあります。

事実、現行犯で拘束されるような人というのは犯罪で使われそうな凶器を持っていたり、それに準ずる証拠となるようなものを携帯している必要があると考えられています。

当然ですが、現行犯として相手を捕縛するためには相手が怪しい行動をしている必要があります。

単純に凶器を保持していたりするなどはわかりやすい例ですが、それ以外にも職務質問をして逃走しようとしているものや、ひき逃げやひったくりなどをした人が逃げようとしている場合なども現行犯にあたります。

このような状況下で一般人も含めて相手を捕まえた時には、最寄りの警察署や警察官に対してその捕まえた人物を引き渡すことになります。

4.緊急時性が高い場合、捕まえる理由を述べて手続きを行う

そして、もう一つ重要になるのが緊急性が非常に高く逮捕状を要求している時間が存在しない場合などに警察などの機関が相手を捕まえる理由を述べて、その相手を捕まえる手続きです。

この場合には、緊急的に捕まえることになりますので相手が相応の罪を犯したと十分に疑うことができるぐらいの理由が存在する必要があります。

実際に、刑の上限が懲役又は禁錮3年よりも重い刑を実際に行なっているという緊急性が必要になります。

単純な軽犯罪には適用されない手続きであるため、その緊急性が非常に高いことがわかります。

捕まえた場合には、すぐに裁判官に逮捕状を求める手続きをしてしなくてはいけません。

元々、このような手続きを行う必要性があるのは、憲法によって犯罪を犯した人間を捕まえることができるという権利が保障されているからにほかなりません。

現行犯に関しても一般人がそうした行動ができるのはこれが理由です。

日本の犯罪行為には刑事事件が一般的な認識として理解されていますが、刑事事件に発展しない案件に関しても民事の案件として取り扱うことが可能です。

相手を捕まえた場合、ほとんどの場合で刑事事件が行われますが金銭的な要求をする時には相手が捕まっていたとしても刑事と同様に民事に関しても並行して進めていくことができます。

どちらか一方のみを扱わなくてはならないというわけではありません。

相手を捕まえることと刑事と民事で分けて行うことは別の話なのでこの点に関しては、誤解をしないように注意をしておかなくてはいけないでしょう。

トランプ大統領はどんな人なのか?

立沢賢一氏が見るトランプ大統領とは?

「メキシコとの間に壁を作る」など、衝撃的な発言が多かったトランプ大統領は、就任前から日本のメディアでも大きな注目を集めました。
不動産王としても知られている人物ですが、実はプロレスとの関わりも深いといわれています。

米国で行われている世界最大級のプロレスイベントに登場し、プロレスラーの技を受けたこともあるそうです。
もともとこのイベントでは「億万長者対決」という催しが行われており、立沢賢一氏のように実業家として名を馳せていた当時のトランプ大統領は選手のマネージャーとして登場をしています。

もう一人大富豪と対決をし、選手が負けてしまった方は坊主頭になる、という趣旨のイベントです。

トランプ氏がマネージした選手が勝利をおさめたため、坊主頭になることはありませんでした。
しかし勝利の祝杯をあげている際に、トランプ氏はレフェリーをつとめていたレスラーから必殺技を受けてしまう、という演出です。
大変過激な話ですが、プロレスらしい派手な演出は当時の観客を大いに沸かせたといいます。

見事大統領の座を勝ち取ったのはプロレス?

トランプ氏が見事大統領の座を勝ち取ったことについて、プロレスとの関係を指摘する人も多くいるようです。
米国の大統領は国民投票によって選ばれますから、どのような発言をしてどういった層を取り込んでいくのかが重要となります。
プロレスというエンターテインメントの場において注目を集め、観客の心をつかむということは、選挙における人心掌握とつながりがあるのかもしれません。

選挙期間中には過激な発言が多かったトランプ氏ですが、一般的な内容のコメントをしても注目を集めることが難しいと判断したことが、その理由ではないでしょうか。
賛否両論があるものの、注目を集めやすい発言を繰り返していくことによって、より多くの支持を集めることができたと考えられます。

プロレスは格闘技ではありますが、観客を喜ばせるパフォーマンスでもあり、試合だけでなく演出にも重きがおかれています。
単純な強さと勝ち負けを競うだけでなく、選手一人一人のキャラクターやスタイル、マイクパフォーマンスを披露する場でもあるのです。

様々なハンドサインを繰り出す独特のスピーチ

トランプ大統領のスピーチは独特なスタイルを持っていることでも知られています。
様々なハンドサインを繰り出し、時として表情を大きく動かし、そしてシンプルな単語を繰り返す、というスタイルです。

手や顔を動かすスピーチは、見ている人の視線を自然と引き寄せるといわれています。
どんなに良い内容の演説であっても、平坦な声で単調な語り方をしていると、見ている側には飽きが生じてしまいます。
またあまりにも複雑過ぎる内容や、難しい語句を多用するようなスピーチも魅力に乏しいといえるでしょう。

内容をなるべくシンプルにまとめ、平易な語句を使用しつつ派手なハンドサインと表情をプラスするというトランプ大統領のスピーチスタイルはプロレスのマイクパフォーマンスにも通じるといわれています。
観客を沸かせるパフォーマンスとしてスピーチを行ったことが、トランプ氏を大統領の座に導いた一つの要因かもしれません。

ヒラリー・クリントン氏と接戦を演じた選挙戦

保守層を中心に人気を集めたトランプ氏ですが、大きな差をつけて勝利をおさめたというわけではありませんでした。
ヒラリー・クリントン氏と接戦を演じ、最終的にはごく僅差で勝ちを得たといいます。

過激な発言についてメディアから厳しい批判を受けることも多く、勝利後においてもデモが行われるなど、順風満帆なスタートをきることはできませんでした。

こうした状況についてトランプ大統領は疑問を持っていたのか、SNS上でメディア批判をしたこともあるそうです。
一部のメディアについて「フェイクニュース」を流しているという批判を直接行い、自身のSNS上でオリジナルの「フェイクニュース章」を発表したこともあります。

オリジナル「フェイクニュース章」を受賞したのは米国のリベラル系とされる各種メディアであり、受賞理由の中には訪日時に関するニュースも取り上げられていました。

SNSをパフォーマンスの場として活用しているトランプ大統領

訪日時、トランプ氏は首相とともに鯉の餌やりを体験したのですが、時間が無かったのか、二人は途中で餌を全て池にまいています。
しかしメディアはトランプ氏のみの画像を提示したため、まるで彼1人が傍若無人な振る舞いをしたかのように見られてしまったのです。
大統領はこうしたメディアのニュースを印象操作であると考え、直接情報発信ができるSNS上で強く批判したといいます。

インターネットの普及によって誰もが直接世界に情報を発信できる世界となりましたが、政治の場においてこれほど積極的にSNSを活用している人は他に居ないのではないでしょうか。

自分自身をどう見せるか、どのように演出していくかという点について、独自のノウハウを持つトランプ氏だからこそ、こうした手法が可能なのかもしれません。SNSをパフォーマンスの場として活用しているトランプ大統領は、新しい時代の新しい政治家として歴史に残る人物だといえそうです。

細分化され複雑になっているプロモーション

プロモーションとは購買意欲を高めるために行われる4Pの1つ

プロモーションは購買意欲を高めるために行われ、4Pの1つとされています。

マーケティングを分解すると、製品を意味するプロダクトや価格を意味するプライス、場所を示すプレース、そして手段を表すプロモーションに分かれます。

企業にとって最大の目的は製品を多くの人に買ってもらうことです。

そのために、まずどの人たちに買ってほしいか、その購買層を特定させないといけません。

購買層を特定させてから製品の開発が始まり、それに付随して値段が決まり、販売する場所などが決まります。

その中でこうした商品が市中に出回るというのをお知らせするのがプロモーションであり、非常に重要な意味合いを持ちます。

実はプロモーションはその概念が非常に広く、ここからまだ細分化できます。

例えば広告もその1つとなっています。

販売促進や広報、セールス営業、ダイレクトマーケティングも含まれます。

多くの人にその製品を知ってもらうために何を用いれば最大限に広まるのか、そうした視点で考えていくのがプロモーションであり、マーケティングということです。

広告の中でも近年はより細かくなっており、新聞での広告やテレビラジオ、インターネットに雑誌、街頭での看板などたくさんあります。

それをいかにチョイスしていくかが非常に重要な意味をなし、間違えてはなりません。

若い世代を購買層にしたい場合は、テレビを見ようとしない人が増えて、意外にスマートフォンでラジオを聴いたり、動画サイトで動画を見ていたりする現実を知る必要があります。

そうすればテレビではなく、あえてラジオに広告を出したり、インターネットを中心とした戦略を立てていくことができます。

テレビCMで堂々と宣伝することが価値を高めることにつながる

業界によってはテレビCMで堂々と宣伝することが価値を高めることにもつながります。

近年のスマートフォンアプリのCMがそれです。

実際に利用する人は若者が中心であり、一見すると無駄に見えますが、テレビCMを流すところはちゃんとした企業というイメージがあるためにプラス面が大きくなります。

CSなどを中心に健康食品に関するCMが多く流され、地上波でも流されることが増えてきましたが、このケースは様々なプロモーションが含まれています。

広告によって多くの人に知ってもらうということができ、初回購入やお試し価格と称して安く利用できるようにし、場合によってはセールス営業をかけたり、ダイレクトマーケティングが行えるようになります。

CSでのCM料はそこまで高いわけではないものの、CSを見る人は自然と年齢層が高い人たちです。

かしこまった番組が多いCSでも一見すると似つかわしくないものが多いのは、色々な要因が含まれているためです。

近年増えているSNSでの販促

近年増えているのがSNSでの販促です。

特に最近は自社のSNSアカウントを作成し、そこでキャンペーンを行うケースが増えています。

以前に横行したスパムアカウントでの手法はこれを拡散してくれた人の中で1人に景品をプレゼントというものを行って、大規模な拡散に成功していました。

これを企業も行うようになり、自社の新製品を発売前に提供することができます。

しかも無料で簡単に行えるため、多くの人が自然と参加し情報が一気に広まるようになります。

そして実際に当選し、その新製品を手にした人が感謝の気持ちを込めて感想を述べれば印象もさらに上がります。

販促ツールとしてSNSが使われることはここ数年で増えましたが、簡単に応募ができるようにして爆発的な拡散が期待できるようになったのも大きな部分です。

若者は当然その存在を知り、商品目当ての人やあまりSNSには触れない中年以上の層に関してもどんどんと拡散されていきます。

特にコンビニで簡単に引き換えできるようなものは気軽にやりやすく、それでいてそこまで値段をかける必要もありません。

年々やり方が複雑になり、短銃なものではなくなっている

今までのようにワンパターンのやり方ではなく、様々な方法があってそれをミックスさせていくことにより、さらに効果的なものにしていくことが可能になっています。

エイプリルフールやハロウィンなどちょっとしたイベントが行われる場合でもこうしたSNSはフル活用されます。

ユニークな嘘をつき、面白いと思わせれば好感度が上がる一方、楽しいイベントを模索する企業アカウントがあればかなり好感が持たれるようになります。

単にテレビCMを流すだけだと上から目線で情報を押しつけられている印象になるものの、SNSを介すれば同じ目線から情報が与えられ、しかも好感度が持てるという状況になっています。

それだけ年々やり方が複雑になり、単純なものではなくなっていることを知っておくべきです。

購買意欲を高めるために宣伝を行う一方、好感度が高くないと購買意欲にはつながりません。

どのようにして好感度を高め、購買意欲につなげるか、それが1つのトレンドです。

新聞広告を出せば多くの人に知ってもらえるというのは昔の話であり、ミックスさせてやっていかないといけません。

 

【関連記事】
リードワンプロモーション

カジノは楽しく遊べるレジャースポット

カジノのイメージ

カジノのイメージは人それぞれ様々なものでしょうが、一つ言えることは誰でも楽しく遊ぶことができるレジャースポットだということです。
ギャンブルとして見るのではなく、ゲームを楽しむ場所だと考えるとこれほど魅力的な場所はありません。

日本人はギャンブルに対してネガティブな印象を持っている人が少なくありませんから、その流れでカジノにも危険な場所といったイメージを抱いてしまいがちですが決してそのようなことはないのです。

日本に存在するような違法な賭場は危険であることは間違いありませんが、ラスベガスやモナコにマカオと言った有名な場所であれば誰もが安心してそして楽しく遊ぶことができるようになっているのです。

誰もが楽しく遊べる理由としては、ゲームのルールがシンプルだという点にあります。
日本では馴染みのないゲームばかりなので、難しく思ってしまいがちですが基本的には実力は必要なく運だけなので、初心者でもベテランでも同じように遊ぶことができます。

ルーレットを例に取れば次の目が赤がでるのか黒が出るのか、奇数か偶数かということを当てるものだったり、そのまま次に出る数字を当てるという賭け方があります。

次に出る目は予想をして当てることができるものではありませんから、賭け方さえ覚えてしまえば初心者でもすぐに没頭ができますしルールが技術が必要ないので適度に勝ったり負けたりすることができます。

これが日本の公営競技だと賭け方自体は簡単に覚えることができたとしても、予想の仕方がわからないので当たる可能性の極めて低い賭けをしてわけもわからず外れて楽しむことができないということになりがちです。

競技自体に興味がなければやはり面白くありませんし、日本の公営競技は初心者にとってハードルが高いものです。
カジノのゲームであれば簡単で当たりやすく、それで奥が深いため初心者からベテランまで熱中して遊ぶことができます。

他のギャンブルよりも還元される割合が大きい

次に期待値的に優秀というのも、見逃せないポイントです。
期待値が高いといっても結局は負けてしまうわけですが、それでも還元される割合が大きいことから同じ金額でも長く遊べるというのが特徴となっています。

日本でできるギャンブルというのは、還元率が極めて悪いものが多くギャンブルとして勝算がないばかりか遊びとしてみても割に合わないものばかりです。
公営競技は平均して70-75パーセントの払い戻ししかありませんから、1レース毎に賭け金の三分の一ないし四分の一が失われていってしまうわけなのであっという間にお金がなくなってしまいます。

ギャンブルは参加者側が必ず負けてしまうとしても、これほど部の悪いゲームに参加をするというのはお金を無駄に捨てているのと変わりがないといえます。

それに対してカジノで行われているゲームは非常に還元率が高く、ゲームの種類や賭け方によっても異なりますが90-95パーセント程度の還元があります。
バカラやクラップスとなると99パーセント程度の還元があるので、かなり長いこと遊んでいてもなかなかマイナスになることはなく、運が良ければ大きくプラスになることも不可能ではありません。

更にブラックジャックに関しては実力があることが前提ですが、100パーセント以上の還元を期待できるので勝つことができる極めて稀なゲームとされています。
どのみち負けてしまうといっても同じ金額ですぐになくなってしまうのと、長く遊べるのでは当然長く遊ぶことができる方が良いわけですから、これだけでも大きな魅力があるといえるでしょう。

日本では合法的にカジノをプレイすることはできない

問題は日本には合法的に遊ぶことができる場所がありませんから、海外まで行かなければならないということで費用の面でも言語の面でも難しいものです。
しかし、最近はオンラインを通じてゲームを楽しむことができる物も増えてきて、勝てばしっかりとお金をもらえるのでそのようなものを試してみるという方法があります。

※参考・・・オンラインカジノは違法でも合法でもない

法律的にはグレーゾーンな部分はありますが、現状では摘発の可能性は非常に低いのでリスクを理解した上で遊ぶのであれば海外に行かずとも有利な賭けを楽しめます。
日本向けのサイトも増えてきているので、大手のサポートが充実しているところを選べば安心です。

不況の今の時代というのは余計なお金を使うことができませんから、余暇を楽しむ余裕がないという人も多いものです。
しかし、余裕が無いからこそ適度に息抜きをしなければストレスばかりが溜まってしまいます。

ギャンブルというのは非日常的な刺激を得ることができますから、気晴らしに遊ぶには最適です。
はまり込んでしまうのは危険ですが、数百円にも満たない少額から遊ぶことができるので節度を持って楽しむ分にはお金の掛からない趣味となってくれます。

そして、還元率の悪い日本の公営競技などのギャンブルよりも、カジノを選べば更に長く楽しく遊ぶことができるので何か楽しいことはないかと考えている人はカジノに挑戦をしてみるのも良いでしょう。

山本昌から学ぶ年の重ね方

50歳を過ぎても現役として活躍した山本昌

山本昌さんは50歳を過ぎても現役として活躍しており、後輩がチームの監督を務めるような状況で野球を続けていました。

しかし、すべての野球人生で順風満帆だったわけではありません。

むしろうまくいかない時期が多く、特に最初の数年間は一軍にも出られない日々が続きました。

そんな中でへこたれることなく練習を続け、アメリカへの野球留学をきっかけに一気に成長を見せてチームには欠かせない存在になっていきます。

山本昌さんの姿から、これから社会に飛び込んでいく学生や若手が伸びてきて立場的に追い詰められる中堅も色々と感じ取れます。

まずはなかなか芽が出ずに小言を言われがちな若手社員に対してです。

山本昌さんの野球人生に当てはめると、野球留学をした時代が該当します。

その当時の野球留学はその年に戦力として計算されていない選手が行くようなものでした。

現在でいう育成選手の扱いとなって日本のシーズン中はアメリカのマイナーリーグで野球をします。

戦力として認められていないため、多くの選手はやる気がない中でアメリカに行っていましたが山本昌さんはその中でもしっかりと練習を重ねてチャンスをうかがっていました。

さまざまな経験を積んだ山本さん

当時のプロ野球選手にはナイターを苦手にする選手が多くいました。

そのため昼間の試合では活躍できるのに夜になると急にダメになる選手も結構いた時代です。

アメリカでは夜に試合を行うのが当たり前であるため、そうした経験を数多くこなせました。

また当初は敗戦処理などあまりいい立場ではないところで投げていましたが、延長戦でロングリリーフを経験しそこでの結果が良かったために立ち位置を獲得したのも大きかったと言われています。

若手社員に大事なことは、どんな立場でも腐らずに努力を重ねていけばチャンスはつかめるということです。

山本昌さんと言えばスクリューボールですが、元々はスクリューボールが上手かった有名投手に教わって習得したと言われていましたが実際はそうではありません。

実は練習相手だった外国人野手とキャッチボールで遊んでいた際に教えてもらって習得していました。

会社に置き換えれば仕事のやり方をやり手の先輩に聞いたけどあまり理解できず、その時に来ていた派遣社員に遊びの時に教えてもらったようなものです。

その外国人野手はすぐにクビになってチームを去ります。

こうした偶然の出会いが大きく成長するきっかけとなりました。

マイナーリーグで活躍をしメジャーリーグの球団からのオファーもありましたが、その状況を知った球団が急いで日本に呼び戻して一軍で投げさせてアメリカ仕込みのスクリューボールを披露して大躍進を遂げます。

ただそこからはあまりパッとした成績が残せず、再びアメリカに野球留学をして基礎の再構築を行なっていきます。

本当にエースとして活躍したのはその後であり、数々のタイトルを獲得するなど誰もが知る姿へと変貌を遂げます。

プロ入りして10年以上がその時には経っていました。

山本昌さんには目標があった

山本昌さんには目標があり、チームが日本一になるかそれとも自らが200勝を達せさせるかどちらかをクリアすればいいというのがありました。

当時チームは数十年以上日本一になっておらず、自らも200勝に向けてペースを上げないと厳しい状況でした。

そのどちらかが達成できればいいという感じでそれに向けて努力を重ねました。

中堅社員が学べるところは目標設定です。

より一層の努力をしないと達成できない目標と会社が目指している目標をそれぞれ立てて、どちらかでもクリアできるように努力できればどちらかを達成すれば自らの行いはプラスになっていきます。

結果としてチームは日本一を達成し、自らも200勝を達成しました。

現在200勝を達成するのは難しいとされ、次にいつ200勝の達成者が出るか微妙なところです。

そのどちらも達成した背景には年齢を重ねてからトレーニング方法を見直してそれをとことん追求した柔軟性も関係しています。

中堅社員になると自分がやってきたことに自信を持ち、なかなか柔軟性を見せることはできません。

今までの仕事のやり方を捨ててまた一からそのやり方を追い求めたからこそ、2つの目標をそれぞれ達成するほどの成長が見せられます。

200勝を達成するには10勝を20年続けるようなものであり、実に大変です。

重要なのは35歳以降の成長カーブです。

故障で一気に成績を落とし、加齢による衰えもあるためなかなか成長カーブを維持するのは難しいです。

野手ならヒットを打てばよく、味方がエラーをしたからそれが無に帰することもありません。

しかし投手は味方がエラーをして負けてしまえば、無に帰してしまいます。

かといって、野手の援護なしには勝てません。

そのあたりの配慮ができるかどうかも大事な要素です。

若い時は腐らずに頑張る、そして遊び心を持って仕事に励むことが若手時代には求められます。

そして年を重ねても学ぶことを忘れずに柔軟性を持って仕事に励むことが、中堅社員へのメッセージとして響きます。

 

参考文献

山本昌のプロフィール

筋肉増強剤の種類と特徴

筋肉をつけたいけれどなかなか成果が出ない、という方は意外に多くいらっしゃいます。

そんな場合はトレーニングを見直すことももちろんですが、プロテインなどを上手に活用すると良いでしょう。

しかし、それでもまだ物足りなかったり、なかなか思うように筋肉がついてこない、という場合はあります。

そしてそんな時に使いたくなるのが筋肉増強剤です。

ただ、こういったものは効果もさまざまですが、副作用もあったりもします。

ですので、きちんと種類ごとの特徴を知った上で活用していく必要があります。

では、こういった筋肉増強剤に当たるものにはどんな種類があり、それぞれどんな特徴を持っているのでしょうか。

代表的なものをいくつか挙げてみます。

男性向けのオキシメトロン

まず、男性向けの筋肉増強剤として今かなり人気となっているものがオキシメトロンです。

このオキシメトロンはアナドロール、アナポロンという商品名でも販売されていたもので、経口摂取の薬です。

この薬はもともとは内の赤血球を増やす効果が期待できることから貧血の方に処方されていたのですが、同時に発揮する強力なたんぱく同化作用から、筋肉を増やす目的でも使われるようになりました。

その特徴としては、とにかく筋肉量の増加効果がかなり高いと言われています。

その効果は、絶大、という表現を使っても良いほどで、こういった目的に使われる薬の中でもかなりの効果が期待できます。

副作用が大きいので注意が必要

しかし、一方で副作用が大きいのもこの薬の特徴ではあります。

まず、もっともよく言われるのが肝機能の低下です。

肝臓で分解されにくい性質を持っているため、肝臓にかなりの負担を掛けてしまうのです。

また、男性機能の低下もよく言われます。

他には、脱毛症を引き起こしてしまう恐れもあります。

これは男性にとってはかなり嫌なことだと言えるかもしれません。

さらに、乳房が女性化してしまうという副作用も報告されています。

以上のことから、摂取の際はかなり計画をしっかり作り、飲みすぎないようにする必要があると言えるでしょう。

ダイアナボルやプリモボランも効果はあるが副作用も大きい

他にもオキシメトロンと同じように人気のある似たような効果を持つものとしてはダイアナボルという筋肉増強剤もあります。

こちらもかなりの効果が期待できますが、やはり肝機能の低下、脱毛症や乳房の肥大などの副作用が同じようにあります。

ただ、やはり副作用が気になると言った方には、リスクが抑えめとなっている筋肉増強剤もあります。

例えば、プリモボランというものがそういったものにあてはまります。

こちらは天然成分も使われている薬で、肝臓への負担がこれまでに挙げた薬よりも低いものとなっていますので、初心者の方が選ばれることも多いようです。

しかしどちらにしてもここまで挙げた薬は男性用のものとなっています。

というのも、これらの薬には男性ホルモンを刺激する効果もあるからです。

女性向けとしては他の薬がよく使われます。

女性向けの増強剤であるスタノゾロール

そしてそんな女性向けの薬として人気があるものの一つに、スタノゾロールというものがあります。

これは逆に男性にはあまり効果がないという研究結果も一部にあるほどで、女性によく使われます。

また、肝臓への負担もかなり低いので、副作用が気になるという方におすすめだと言えるでしょう。

他には、効果が弱いながらも安全性が高く比較的人気もある薬としてアンドリオールというものがあります。

これはかなり副作用が抑えめなので、年配の方にも人気が高いものとなっています。

また、男性に対しては精子生成の効果も期待できるので、精力増強剤として使われる方もいるようです。

そういった目的もあるという方には良いかもしれません。

薬事法の関係で日本国内では製造が禁止されている

ちなみに、ここまで挙げた薬はどれも海外にて製造されているものとなります。

というのも、国内では薬事法の関係で製造が禁止されているからです。

ただ、現在のところ所持については違法ではく、個人的に使用する分には問題はありません。

※筋肉増強剤の通販サイトはこちら・・・https://antiaging-mado.shop-pro.jp/

しかし、スポーツなどをする人は禁止薬物として指定されていることが多いので、公式大会などに出る場合は使わない方が良いと言えるでしょう。

もちろん、サプリメントは一部のものを除いては別です。

気になる場合は競技ごと、どのような薬が禁止薬物に指定されているかきちんと調べておいた方が良いと言えます。

まとめ

このようにここまで挙げただけでも様々な薬がありますが、他にも筋肉を増やすと言われている薬には様々な種類があります。

そしてそれぞれ、薬によって期待できる効果の強さと同時に、副作用が全くないということもありません。

また、効果は個人個人によってもかなり変わってきます。

世間一般ではあまり効果が強くないと言われている薬でも、ある人にとってはかなり相性が良く、かなりの効果が見られたという例もよくある話です。

ですので、筋肉増強剤を使用する際には、使いすぎにならないよう計画的に使用しつつ、合わなければ薬を変更し、自分に合う薬を見つけることが健康を保ちつつ筋肉を増やすコツだと言えるでしょう。

マッサージ店に通ってリフレッシュ効果を得る

新潟市のマッサージに通った私の体験記

私がマッサージ店に通うようになったきっかけは、つらい肩こりをなんとかしたいという思いからでした。
とにかく肩こりがつらくて、ひどいときは頭痛や吐き気やめまいも伴い最悪でした。

しかし、マッサージ店に通うようになってからは肩こりの症状の悪化によるつらさはほとんどなくなりました。
症状がひどくなったらマッサージ店に通って体をほぐしてもらっていました。
マッサージを受けると体がほぐれるだけではなく、リラックス効果やリフレッシュ効果も得られるので私にとってなくてはならない存在となりつつあります。

こちらのお店です→新潟市 マッサージ

肩こりの原因はいろいろあります

肩こりには様々な原因がありますが、私の場合は、

  • 疲労やストレスの蓄積
  • デスクワークで長時間同じ姿勢をとり続けている
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 運動不足
  • 冷え性
  • 食生活の乱れによる栄養不足
  • 睡眠不足

などが原因であると自覚しています。

これらの原因により代謝や血行が悪くなってしまい首や肩や背中の筋肉が緊張状態に陥って凝り固まってしまっているということはわかっているのですが、なかなか対策もできないままマッサージ店に頼ってしまっていたという感じです。

1週間に1~2回のハイペースで通っていた時期もあります。
このままではどんどん代謝や血行が悪くなり巡りの悪い不健康な体になってしまうという危機感や不安感もあったので、思い切って生活習慣を改善させてみることにしました。

食生活や生活習慣も見直した

食生活では、

  • 様々な食品をたくさん食べて栄養バランスを意識する
  • 水分をこまめに摂取する
  • 体を温める効果が期待できる根菜類を積極的に食べる
  • 代謝を促す働きがあるビタミンB群を積極的に摂取する
  • 1日3食しっかりと食事をとる

などを心がけました。

運動は、ストレッチとウォーキングと筋トレを中心に行いました。
肩こり解消効果が期待できるエクササイズも積極的に取り入れました。

ぬるめのお風呂にゆっくりと浸かって体を芯から温める、睡眠をたっぷりととる、生活リズムを規則正しく保つ、疲労回復やストレス解消に努めるなども心がけました。

その結果、肩こりの症状は格段に軽くなり、マッサージを受ける頻度も少なくなりました。
以前はつらさから逃れるためにマッサージを受けていましたが、今はリラックス効果やリフレッシュ効果を得るためにマッサージを受けているという感じになりました。とても良い傾向だなと思い嬉しくなりました。

私にとってマッサージ店の存在意義が明らかに変わりました。
これからも積極的に利用していきたいです。

ワキガ・足の臭いにクリアネオ!

いつの間にかワキガが生じるようになったり、足が臭うようになり悩む方は多くいます。

ワキガがあると、電車やエレベーターなどの密閉空間で人目が気になったり、足が臭うと靴を脱ぎづらく座敷に上がりづらかったりと困ることは多くあります。

しかし、一般の消臭スプレーやデオドラントクリームではなかなか改善できないという方におすすめなのが「クリアネオ」です。

これはデオドラントクリームなのですが、消臭と殺菌のダブル効果で臭いの元を抑制することができます。

まず、ワキガや足の臭いの原因は汗による雑菌の繁殖です。

しかし、汗が全て臭うというわけではありません。

人の汗は汗腺から分泌されます。

その理由は体温調節だったり、精神的な発汗だったりと様々ですが、それを分泌する汗腺は2種類あります。

エクリン腺とアポクリン腺です。

そしてそれぞれが異なる汗を分泌します。

エクリン腺から分泌されるのは体温調節のための汗で、ほとんどが水分から成っているのでサラサラとした無臭の汗です。

一方、アポクリン腺から分泌される汗には水分の他にもタンパク質や脂質も含まれています。

そして臭いの原因となるのはこのアポクリン腺から分泌される汗です。

この汗が分泌されると、皮膚の常在菌が含まれるタンパク質や脂質を餌に繁殖し、老廃物を排泄します。

するとその分解された排泄物が臭いを発生するようになるのです。

そして足の裏は靴を履いていると高温多湿の状態になりやすく、雑菌も繁殖しやすくなってしまいます。

そのため臭いが生じるようになるのです。

このような臭いに対し、一般の制汗剤では汗を抑制するだけなので肌を乾燥させ、肌のバリア機能を低下させてしまう可能性があります。

そしてデオドラントクリームは臭いを別の匂いでごまかしたりするため、根本の改善にはなりません。

しかし、「クリアネオ」には二種類の有効成分が含まれており、それぞれが臭いの原因にアプローチすることができるため、気になる臭いを抑制することができるのです。

まず、一つ目の有効成分がイソプロピルメチルフェノールです。

これは殺菌成分で肌の雑菌の繁殖を抑制することができます。

すると雑菌による排泄物も減少するため臭いを抑制することができるのです。

そして二つ目の有効成分がパラフェノールスルホン酸亜鉛です。

これは制汗成分で、汗の分泌を抑制することができるため、臭いの元となるアポクリン腺からの汗を防ぐことができます。

このダブル効果により、効果的にワキガや足の臭いを抑制することができます。

さらに消臭効果の高い柿渋エキスも配合されています。

その他にも臭いを抑制することのできる植物性成分も配合されています。

シャクヤクエキス、チャエキス、クマザサエキス、ハマメリスエキスが配合されています。

さらに美肌サポート成分として美白効果のあるユキノシタエキス、アルピニアカツマダイ種子エキスなどが配合されています。

さらに肌に潤いを与えるためにヒアルロン酸もナノ化して含まれています。

そのため、臭いだけでなく、肌状態も綺麗にすることができるのです。

このように「クリアネオ」は気になるワキガや足の臭いを抑制することができます。

そしてこのクリームは天然成分で作られているので肌に優しく、敏感肌の方でも安心して使うことができます。

また、脇や足だけでなく、全身の臭いの気になるところに使うことができます。

体臭や足の臭いに悩んでいるならダブル効果でしっかりケアができる「クリアネオ」がおすすめです。

使い方も簡単でベタつかないので毎日使うことができます。

自分の匂いが気になるという方や周りの目が気になる方、足の臭いに悩んでいる方におすすめのデオドラントクリームです。

■クリアネオのデオドラントクリームの効果とお得な購入方法

クリアネオは、ベストニオイケア商品1位に選ばれたことがある人気のデオドラント商品のブランドです。

商品には、デオドラントクリームとクリアネオボディーソープがあり、併用することでニオイケアをしっかりと行うことができます。

男性でも女性でも使うことができるよう処方されており、体のニオイが気になる男性と女性から支持されています。

また、デオドラントクリームは、無添加・無香料で、放射線物質検査およびアレルギーパッチテストも行っており、思春期以降のわきがに悩むお子さんにも使うことができます。

クリアネオで一番人気があるのが、デオドラントクリームです。

デオドラントクリームには、パラフェノールスルホン酸亜鉛とイソプロピルメチルフェノールが有効成分として配合されています。

パラフェノールスルホン酸亜鉛は、汗を抑える効果がある成分です。

特にわきがのニオイの原因となるアポクリン汗腺の分泌を抑えます。

消臭効果はないものの、アポクリン汗腺と雑菌が混じり合うことでニオイが発生するため、汗をかかないことはニオイ対策には重要なポイントです。

そのため、制汗効果のあるパラフェノールスルホン酸亜鉛は、ニオイ対策として有効です。

また、デオドラント商品を使用しても、汗をかくと成分の効果が薄れてしまい、ニオイケアとして効果を発揮しませんが、パラフェノールスルホン酸亜鉛が配合されていると汗が抑えられ、効果が長く続きます。

そして、イソプロピルメチルフェノールは、強い殺菌効果を持つ成分です。

前述したように、わきがのニオイは、アポクリン汗腺の分泌物と皮膚の雑菌が混じり合うことで発生します。

イソプロピルメチルフェノールは、皮膚の雑菌を殺菌してニオイの発生を防ぎます。

その他にも、柿渋エキス、ドクダミエキス、シャクヤクエキス等のデオドラント効果が期待できる7つの植物由来成分も配合されています。

中でも、柿渋は、加齢臭対策の商品によく用いられていますが、ワキが対策にも効果的な成分です。

柿渋エキスは、柿の果汁を発酵させたエキスで、柿タンニンというポリフェノールを多く含んでいます。

柿タンニンは、殺菌効果があり、ニオイの原因となる雑菌に働きかけます。

そして、抗酸化作用により、皮脂などの酸化を防ぐことで、ニオイの原因を取り除き、高い消臭効果を発揮します。

また、肌が乾燥すると皮脂の分泌が活発になり、ニオイが発生しやすくなりますが、ユキノシタエキスやヒメフロウエキスなどの美肌成分が肌の状態を整え、ニオイが発生しづらい肌環境を作ります。

低刺激処方で作られているため、ワキや足だけではなく、デリケートゾーンのニオイケアとしても使うことが可能です。

クリアネオは、通販でしか購入できない商品のため、ドラッグストアなどの店頭では販売されていません。

お得に購入するなら、公式サイトで購入するのがおすすめです。

公式サイトの購入方法には、単品購入と定期購入があり、割引価格で購入できるのが定期購入です。

クリアネオを愛用している人の91%が定期購入で購入していることからも、定期購入はメリットが高いことが分かります。

デオドラントクリームを単品購入するなら1本5,980円(税込)で送料が660円かかりますが、定期購入なら1本4,980円(税込)で送料は無料です。

そして、永久返金保証書もついており、使用して満足できなければ返金してもらうことができます。

さらに、毎月ニオイケアアイテムが商品と一緒に届きます。

ニオイケアアイテムは毎回違うものが届くので、どのようなアイテムが届くのか毎回楽しみになります。

定期購入で購入する際、心配になるのが継続回数ですが、クリアネオの定期購入では継続回数に縛りがなく、1回で解約することも可能です。

そのため、初めて購入する人でも安心して注文することができます。

不動産における不労所得

所得を得るには働かなければなりません。

会社員として勤めたり、アルバイトやパートとして雇われるスタイルもあります。

開業して自由に事業を行っても良いでしょう。

これらの共通点は、自らが業務をこなして頑張った結果、給料や報酬からの所得を獲得できることです。

しかし、必ずしも自らの身体を動かして仕事をこなさなければ、所得が増えないとは限りません。

もう少し視野を広げてみましょう。

簡単に所得を得る方法が必ず存在するからです。

おすすめの簡単な稼ぎ方として、不動産投資があります。

不動産を購入しても、基本的に本人はその不動産を使いません。

他の人に売ったり貸し出すことで、所得を得る方法です。

不動産を使ってくれる人さえ見つかれば良いだけですので、毎日のように業務をこなさなくても稼ぐことができる、いわゆる不労所得と呼ばれる稼ぎ方です。

→サラリーマンが不動産投資で毎月38万円の不労所得を得る超実践的手法

不労所得を獲得することに嫌悪感を抱く日本人は多いですが、お金持ちの多くが不労所得で儲けを得ています。

世間の常識にとらわれてばかりいては、頑張って働いてもお金は増えてくれません。

ぜひ不動産投資の知識を身につけて、所得を増やすことにチャレンジしてみましょう。

おすすめの不動産投資として、みんなで大家さんという投資商品を利用する方法があります。

変わった名称ですが、不動産ファンド投資商品を提供しているサービスです。

一般の人がイメージするものだと、不動産投資とは不動産を購入して売却することで、差額で儲けを得たり、賃貸マンションなどを提供して家賃収入で所得を獲得する方法だと想像しがちです。

前者の売買を繰り返す方法はとてもリスクの高い方法ですから、あまり一般的な投資方法ではありません。

不動産会社などの専門的な業者でなければ難しい投資方法だといえるでしょう。

後者の投資方法は個人投資家にも人気の方法です。

マンションの1室を購入して貸し出し、家賃収入で住宅ローンの返済に充てます。

住宅ローンが終了すれば、家賃収入の多くが懐に入ってきますので、不労所得が実現しやすい方法だといえるでしょう。

しかし、不動産賃貸の投資は失敗例が多いのも事実です。

よほど優れた立地のマンションでなければ、入居者があらわれてくれません。

家賃を低くせざるを得なくなり、儲けが少なくなってしまいます。

数年後には古い設備のマンションになることで、人気にも陰りが見えてきます。

需要の高い大都会のマンションを購入するには莫大な資金が必要で、誰もが簡単に投資できる分野とはいえません。

一方で、ファンド系のみんなで大家さんを利用すれば、少ない投資資金で不動産投資に参加できます。

公式サイトに行くと、様々な不動産ファンドが並んでいます。

対象となる不動産にはテーマパークやパチンコ店、繁華街のテナントビルなど、様々な対象不動産があります。投資家1人でファンドを購入するのではなく、多くの投資家がファンドを購入することで、出資金を集めて不動産から利益が得られるようにプロが運用してくれます。

引用:みんなで大家さん販売 公式サイト

運用でうまく利益が得られると、分配金という配当を受け取ることが可能です。

投資家はファンドを購入して満期を迎えるまで待つだけです。

たったのこれだけで分配金を受け取りながら、所得の獲得が可能です。

放置しておいてもお金を入手できる、不労所得にふさわしい方法です。

分配金にはファンドによって利回りが設定されています。

出資した金額に対して何割のお金を獲得できるかが利回りを見れば予想がつく仕組みです。

大体6%~7%くらいの範囲が目立ちます。

年率ですので、銀行預金の利息と同じように考えれば理解しやすいでしょう。

銀行預金で6%や7%を達成するのはまず不可能です。

現在の日本の預金金利は超低金利時代に突入していますから、普通預金で0.001%程度の低金利も珍しくない状態です。

100万円もの大金を1年間預けたとしても、たったの10円にしかなりません。

ネット専業銀行ならもう少し金利が高いですが、10円が100円になるくらいです。

定期預金でも大差ありません。

しかし、みんなで大家さんで100万円を出資すれば6%の利回りだとして、単純計算で1年間だと6万円もの利益を獲得できます。

銀行預金にお金を預けておくより、投資したほうが圧倒的に稼げます。

厳密には手数料や税金が引かれますのでここまでの利益は獲得できませんが、それでも銀行預金とは比べ物にならないほどの金額です。

みんなで大家さんの場合だと3年以内の満期になっていますので、上手く稼げる不動産ファンドに出資することで、安定した利益を獲得できるでしょう。

投資できる金額は1口100万円のものが多くなっています。

申込手数料は無料のものばかりです。

普通に不動産を購入すると最低でも500万円、一般的に1000万円を軽く超えてきますから、失敗した時のリスクがあまりにも高すぎます。

それに比べれば不動産ファンドはリスクの少ない不労所得の獲得方法だといえるでしょう。

アンドモワ株式会社の経営店

大学3回生からはゼミに入ることになりますが、所属しているゼミの仲間とはとても仲が良かったので、大学を卒業してからも付き合いは続いていました。

ゼミを担当してくれた教授が75歳を目前に、完全に教職を辞することになったので、久しぶりに集まって教授への贈物を決めることにしました。

大学を卒業してからは、就職したものや実家に帰って家業を継いだもの、大学院に残って研究しているものなど様々なので、みんなの予定が合う日を探すのは大変でした。

何とか予定を照らし合わせた空いた日を見つけたものの、実家に帰った人が上京して、また時間をかけて帰らなければならないので、できるだけ駅近くのお店が良いことになりました。

駅が近くておいしいお店を探していたところ、アンドモワ株式会社が経営している個室居酒屋に思い当たりました。

アンドモワ株式会社は、全国に340店舗ほどの飲食店を経営していますが、実は私は学生時代に、そのうちの1つの飲食店でアルバイトをしていたことがありました。

(参照)アンドモワ株式会社 アルバイト

店長が若いのにとても穏やかで仕事ができる人で、それほど私と年齢が変わらないのに尊敬できる人でした。

アルバイトにも社員と同じように接客のマナーを基本から丁寧に教えてくれたので、社会人としてのマナーを身につけることができました。

賄いについても最大限希望を叶えてくれたり、シフトを組むときにも試験の前など忙しいときは必ず外して決めてくれました。

店長だけでなく店の雰囲気も良くて、掃除は徹底的に行い、トイレ掃除は店長を含めてローテーションを決めて行うことになっていました。

社員やアルバイトをわけ隔てなく扱ってくれたので、アルバイトの離職率も低く、大学1年生の時に勤め始めてから大学4回生の卒業まで働いている人ばかりでした。

そんなことからアンドモワ株式会社に対してよいイメージを持っていたので、友人たちと久々に集まるときは、アンドモワ株式会社が経営している個室居酒屋に決めました。

個室居酒屋は全室が個室になっていて、集まった人数は12人と大勢でしたが、余裕があるくらい広い部屋を用意してもらうことができました。

寒い時期だったので、鍋を注文することになりましたが、鍋を設置する机は掘りごたつになっていたので、学生時代の頃を懐かしく感じることができました。

個室の内装は和テイストになっているので、温かみがあって癒される雰囲気だったので、久々の再会にも関わらず、すぐに学生時代に戻ったかのように楽しい話で盛り上がることができました。

お酒が入ったので少し大声になる人もいましたが、個室なので周囲を気にする必要がなかったのが良かったです。

個室居酒屋は駅からほど近いところにあったので、遅くまで飲んでいても最終列車に十分に間に合わせることができました。

教授への贈物も決めることができたので、今度は教授を誘って、再びアンドモワ株式会社が経営している個室居酒屋に行こうという計画を立てています。