Menu

鈴木氏も警告!忘年会はハメを外さないように

飲み会

1.鈴木貞一郎氏が忘年会について忠告する!

毎年、必ずやってくる忘年会。
待ちに待っている人が多くいる忘年会。
出し物を考えてお店を決めてとなにかと大変な忘年会の季節がもうすぐやってきます。

幹事になると色々と考えることが多く憂鬱になる日々です。
そんな忘年会ですが、何よりも楽しむことが大切な行事になると鈴木貞一郎はアドバイスしています。

忘年会で失敗した人も多くいるかと思いますが楽しむポイントを外さなければ今後仕事にもいい影響があります。
段取りは丁寧に忘年会は一年の健闘を讃えることと来年の健闘を称えて行います。
なので、より多くの人が参加しないといけません。

職場の人全員が参加できる日程の調整も大事な役割です。
また、参加人数が確定すればお店の予約ですが参加者の食材も好みも考慮してお店選びをしないといけません。

また、周りに迷惑になるような出し物などを行う時は必ず個室や貸切のできるお店を選別することが必要不可欠です。
個室や貸切でなくて大丈夫と思うと周りの人に迷惑をかけたり自分たちが楽しめなくなります。

このような会は必ず盛り上がります。
ハメを外す人も少なくありません。
そういう事態のことを考えて段取りを行うことが大切です。

2.当日のオペレーションは前日までに完璧にしておくこと!

さらには、当日のオペレーションは前日までに完璧にしときましょう。
受付の場所や受付係、席順のオペレーションなど最低限年次の人に共有すると当日スムーズな運営が可能です。

オペレーションを共有していないと、当日にバタバタと慌てることになるでしょう。
飲み物を切らしてはいけない体育会系な言い方ですが、飲み物を切らしては絶対にいけません。

お酒を飲んでいる人問ずソフトドリンクの人にも目を配ることが大切です。
そして、何よりも自分自身の飲み物を必ず確保しときましょう。

その理由は、挨拶を行うからです。
上記にもおりますが、1年の健闘を称えるために行う会です。

多くの人にお礼や挨拶をすることになりますので飲み物は必須アイテムで飲み物がないという状況にしてはいけません。
飲みがないことでお互い気まずい雰囲気なりますので要注意です。

幹事や若手ならお酒はほどほどに幹事や若手だからといってお酒を飲んでいけないわけではありません。
しかし、ながらそういう立場の人は何かあったときに助ける役目をしないといけません。

3.上手にハメをはずすこと!

このような会でハメを外す人は必ずと言っていいほどいます。
また、帰り際に忘れ物などやるべきことがありますのでお酒を飲みすぎてはいけません。

年次が上の人にご迷惑をおかけしないように心がけましょう。
だからと言って、全く飲まないのはいけません。

この時代だからこそ飲めない人は無理をせずでいいのですが、いつもは飲んでいるのに今回だけ飲まないのは反感を買いますのでお酒の付き合いはするべきです。

また、社風やその場のノリにもよりますが、ハメを外してもいいときやハメを外して今後いい方向に進むこともありますのでさじ加減は自己判断です。
一人でも多くの人と話しましょう。

この機会をチャンスと思って、日頃話せていない人に話しましょう。
日頃の業務とは違う顔をみることで新たな姿を発見することにができます。

また、そういう会でもありますので一人でも多くの人に話しかけ色々な情報をキャッチしましょう。
この場だから、聞けることもあります。

お酒の力を借りて深いコミニュケーションを取ることが一番必要なことです。
人と話すことで自分のことを理解してもらえますし、相手のこともわかるようになりいい関係になること間違いなしです。

4.鈴木貞一郎流の忘年会ベストプラクティスは??

また、あなたが上司なら後輩の顔を売るチャンスです。
後輩からすれば先輩が多くの人に紹介して下さるのはとても嬉しいことです。
また、そんな先輩を尊敬します。

後輩から尊敬され、上司の自分の評価も上がるので一石二鳥です。
この手を使うことにこしたことありません。

一方、もし、自分自身が後輩ならば先輩もあとをついていき学ぶことも大切です。
ずっと一緒ということも可笑しいですが、会が始まってすぐはついていると先輩の姿を学べることが出来ます。

お酒の飲みやお酒の付き合いができるようになれば人としてとても特になります。
そんなことができると自然と仕事ができ、毎日が楽しくなります。

人間のストレスの約7割は人間関係と言われております。
人間関係によるストレスのせいで毎日が楽しく過ごせないのは非常にもったいないです。

コミュニケーションを取るだけで人間関係は大きく改善されますので飲みニケーションというお酒の付き合いは大切であります。
最後まで気づかいを幹事の方へのメッセージにはなりますが、気づかいをすることは当たり前ですが帰り際にお土産を渡すとより好感度が上がります。

荷物になるからいらないという人や声もあるかと思いますが一年の健闘を称えたわけですので手ぶらで帰ってもらうのは失礼です。
小さなお菓子でもあ」ばいいので、何か気持ちを込めたものを用意し全員に配りましょう。

お土産という形で残すと頭の中に記憶され良い会だったとずっと思っていただけます。
そうすると仕事や業務で助けてもらえることが増えコミュニケーションが深くなります。