Menu

発毛対策を始める時期

発毛といっても、まだ30代の自分には関係ないし、とか、別にまだはげてないし、と感じる人も多いと思います。けれど、見るからにはげてしまってから発毛をするのと、ちょっとした危険信号を見逃さず、危なくなってきた時に早期対策をとるのとでは、まったく効果が違ってきます。

第一、まだ進行していない状態でケアをした方が、周りにきづかれずに自然と発毛の効果を実感することができますよね。

成人の場合、1日に50本から100本程度の抜け毛があるのが自然な状態です。
ですから、髪をとかしたら毛がぬけた、とか、髪を洗ったら毛が抜けた、というのは、ごく自然なことで、慌てる必要はありません。

しかし、最近抜け毛が多い気がする……と感じ始めたら、そろそろ発毛について考えた方が良いでしょう。

抜け毛が多くなってしまいがちな人の特徴として、頭皮が硬い人や、髪の質が悪く、ハリがない人などがあげられます。これらの特徴は、髪に栄養が行っていないことを示しています。

頭皮が硬いというのは、血行が悪いということで、髪に必要な栄養を運ぶことができないんですね。

また、髪質が悪いというのは、栄養がいきわたっていないからこそおこることです。
こういう方は、発毛対策を早めにとっておいた方が良いでしょう。

また、頭皮が脂ぎっている人も注意が必要です。
頭皮の脂が毛穴をふさいでしまって、健康な発毛が望みにくくなってしまうんですね。

また、毛穴が塞がることによる炎症も心配です。
同じように、フケが目立つ人も、フケによる毛穴の塞ぎが起こり、発毛の邪魔をする恐れがあります。

また、髪の毛が細い人は、薄毛になってしまう可能性も高く、また、1本1本が細いために、少しの減少でもかなり目立ってしまいます。
こういう人も、日頃から髪の健康に気を配っておく必要があります。

発毛は、まずいな、と思ってから始めるのでは少し遅すぎます。
早く対策をとればとるほど、高い効果が得られ、長い間、ふさふさの髪を維持することができるんです。

まだ早いんじゃないか、とか、今からそんなことを気に掛けるのは恥ずかしい、などと思わず、積極的に髪の健康と発毛に対する対応をしていくようにしてください。

10年や20年たった後のあなたの髪の毛を想像してみてください。
今から対策をしておく場合と、何もせずに年齢ばかりを重ねた場合では、大きく違ってくるはずです。

発毛対策は、やり始めて突然劇的な効果が得られるというものではなく、継続的に行うことで将来に大きな違いが出るという性質のものなんですよ。