Menu

アンドモワ株式会社の経営店

大学3回生からはゼミに入ることになりますが、所属しているゼミの仲間とはとても仲が良かったので、大学を卒業してからも付き合いは続いていました。

ゼミを担当してくれた教授が75歳を目前に、完全に教職を辞することになったので、久しぶりに集まって教授への贈物を決めることにしました。

大学を卒業してからは、就職したものや実家に帰って家業を継いだもの、大学院に残って研究しているものなど様々なので、みんなの予定が合う日を探すのは大変でした。

何とか予定を照らし合わせた空いた日を見つけたものの、実家に帰った人が上京して、また時間をかけて帰らなければならないので、できるだけ駅近くのお店が良いことになりました。

駅が近くておいしいお店を探していたところ、アンドモワ株式会社が経営している個室居酒屋に思い当たりました。

アンドモワ株式会社は、全国に340店舗ほどの飲食店を経営していますが、実は私は学生時代に、そのうちの1つの飲食店でアルバイトをしていたことがありました。

(参照)アンドモワ株式会社 アルバイト

店長が若いのにとても穏やかで仕事ができる人で、それほど私と年齢が変わらないのに尊敬できる人でした。

アルバイトにも社員と同じように接客のマナーを基本から丁寧に教えてくれたので、社会人としてのマナーを身につけることができました。

賄いについても最大限希望を叶えてくれたり、シフトを組むときにも試験の前など忙しいときは必ず外して決めてくれました。

店長だけでなく店の雰囲気も良くて、掃除は徹底的に行い、トイレ掃除は店長を含めてローテーションを決めて行うことになっていました。

社員やアルバイトをわけ隔てなく扱ってくれたので、アルバイトの離職率も低く、大学1年生の時に勤め始めてから大学4回生の卒業まで働いている人ばかりでした。

そんなことからアンドモワ株式会社に対してよいイメージを持っていたので、友人たちと久々に集まるときは、アンドモワ株式会社が経営している個室居酒屋に決めました。

個室居酒屋は全室が個室になっていて、集まった人数は12人と大勢でしたが、余裕があるくらい広い部屋を用意してもらうことができました。

寒い時期だったので、鍋を注文することになりましたが、鍋を設置する机は掘りごたつになっていたので、学生時代の頃を懐かしく感じることができました。

個室の内装は和テイストになっているので、温かみがあって癒される雰囲気だったので、久々の再会にも関わらず、すぐに学生時代に戻ったかのように楽しい話で盛り上がることができました。

お酒が入ったので少し大声になる人もいましたが、個室なので周囲を気にする必要がなかったのが良かったです。

個室居酒屋は駅からほど近いところにあったので、遅くまで飲んでいても最終列車に十分に間に合わせることができました。

教授への贈物も決めることができたので、今度は教授を誘って、再びアンドモワ株式会社が経営している個室居酒屋に行こうという計画を立てています。